ボナイユート チュアオ

イタリア、シチリアにあるモディカチョコレートの老舗、アンティカドルチェリアボナイユート、チュアオのチョコレートです。ヴェネズエラ北部アラグア州の海岸にチュアオという小さな村があり、そこでとれるカカオ豆で作られたチョコレート。柑橘の風味、爽やかな酸味、お花のようなエレガントな余韻が楽しめます。カカオ分は75%です。


モディカチョコ特有のざくざく感もありますが、このざくざくとした食感もまたくせになります!

16世紀に現在のメキシコ、当時でいうアステカ帝国ではチョコレートは万能薬として愛されていました。そして新大陸を目指したスペイン人の手によりヨーロッパ大陸に渡り、イタリアのシチリア島にも伝わったと云われています。モディカといえば、シチリアの中でも早い時期からスペインに支配されていて、現在ではイタリアの世界遺産にも指定されている街。スペイン人が学んできたチョコレートの作り方をモディカの人々に伝えたのが、このチョコレートのはじまりです。
 カカオバターもレシチンも加えず作られ、砂糖の融点に達する前にあたためるのをやめるため、カカオの香りがしっかり残り、お砂糖のざくざくとした食感も残ります。現在もほぼ、そういった昔ながらの製法や伝統を守りながら作られています。
  • 1,836円(内税)